MENU

Corporate Information会社情報

当社は、今年で創業35周年を迎えました。メモリ製品製造販売事業を中心に業容を拡大し、平成25年以降は、多角化による収益基盤の拡充に努め、メモリ製品製造販売事業に加え、ウェブソリューション事業、コンテンツ事業、通信コンサルティング事業およびHPC事業を行う事業体へと成長いたしました。その間、多角化を支えるために、純粋持株会社制への移行を行い、現在のAKIBAホールディングス並びに事業会社7社を擁する企業集団を形成するにいたっております。

また、当社の事業分野は、最先端の技術や新たな社会のニーズを前提とするものであり、先見性と時宜に適う意思決定が要求されることから、M&Aなどの手法も活用した、スピード感のある経営を心掛けてまいりました。

しかしながら、その過程において、企業規模の拡大に対する内部統制の拡充が至らず、前期(35期)および前々期(34期)において、当社グループの一部に不正および不適切な会計処理があったことが発覚いたしました。これにより、決算の遅延などが発生し、株主、投資家の皆様をはじめ、関係者の皆様には多大なるご迷惑とご心配とをお掛けいたしましたことをあらためて深くお詫び申し上げます。

今後は、株主価値の向上のため、グループ事業戦略の構築を推進することで事業会社のシナジー効果を追求するとともに、当社グループが共有する強い意志と幅広いノウハウを活かし、未来に挑戦し続けてまいります。また、再発防止策の実施を含む内部統制の運用を強化することで、経営の信頼性と透明性の向上に努め、将来にわたり、株主、投資家の皆様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様からご信頼を賜れる企業となるよう邁進してまいります。

引き続きご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 馬場 正身
商号
株式会社AKIBAホールディングス
英文表記
AKIBA Holdings Co., Ltd.
設立
1983年2月17日
本社
〒104-0045
東京都中央区築地2-1-17 陽光築地ビル 7F
Tel:03-3541-5068(代表) Fax:03-3541-5083
役員
代表取締役社長
馬場 正身
取締役
五十嵐 英
社外取締役
佐藤 徹也
社外取締役
後藤 憲保
常勤監査役
石本 圭司
監査役
西田 史朗
監査役
中川 英之
資本金
7億円
売上高
65億円(2017年3月期)
決算期
3月
事業内容
グループ会社の統括および運営
従業員数
93名(2017年3月末日 連結)
監査法人
KDA監査法人
株主名簿管理人
三菱UFJ信託銀行株式会社
顧問弁護士
原 大二郎(ライジング法律事務所)
1983年(昭和58年)2月
電子部品および電子機器の製造開発並びに販売を目的として株式会社アドテックを設立
1993年(平成5年)6月
パソコン用増設メモリモジュールの製造販売を開始
1997年(平成9年)10月
1株の額面金額を50,000円から500円に変更するため、株式会社エフ・ケー・インターナショナルと合併
1998年(平成10年)11月
日本証券業協会に株式を店頭登録
1999年(平成11年)12月
ISO9001登録(メモリモジュールの設計、製造管理)
2002年(平成14年)8月
ISO14001登録(環境マネジメントシステム)
2004年(平成16年)12月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所(現、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
2013年(平成25年)5月
株式会社エッジクルー(現 連結子会社)を設立
2013年(平成25年)7月
大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
2013年(平成25年)12月
株式会社ティームエンタテインメント(現 連結子会社)を買収
2015年(平成27年)1月
株式会社バディネット(現 連結子会社)を買収。それに伴いバディネットの完全子会社である株式会社モバイル・プランニングもグループに加える。
2015年(平成27年)10月
会社分割により純粋持株会社へ移行するとともに、株式会社アドテックから株式会社AKIBAホールディングスに商号変更。株式会社アドテック(現 連結子会社)を設立
»» 株式会社アドテック 沿革
2016年(平成28年)3月
iconic storage株式会社(現 連結子会社)を買収
2016年(平成28年)12月
株式会社HPCテック(現 連結子会社)を買収

東京メトロ有楽町線 新富町駅出口1より徒歩3分東京メトロ日比谷線 築地駅出口4より徒歩5分